itunesデータ等を外付けHDDに移行しました

先日、iMacの起動ディスクを内蔵HDD(1TB)から外付けSSD(256GB)に変更しました。

コストを無視すれば、2TBの外付けSSDを買って、深く考えずに、OS・アプリ・写真データを2TBのSSDに保存すれば良いけど、追加で10万円(*)くらいのコストがかかるので断念しました。

(*)だいたいの目安だけど、外付けSSDの価格は、256GBは約2万円で、2TBは約12万円。差額は10万円。(amazon価格 参考)

僕は、金銭的にも余裕がなかったことから、外付けSSDに「mac high sierra」(2007秋 公開)をインストールして、これを起動ディスクにすることにしました。

今回、新たに購入した256GBのSSDが将来的にパンクしないように、データ管理方法を見直すことにしました。

僕は、今までは、下図のように、「Final Cut Pro」のライブラリデータと「Lightroom」の元データだけを外付けHDDに保存していました。

f:id:popo_kara:20180114194021p:plain

今回は、SSDの容量に余裕を持たせるため、下図のように、itunesデータと写真appの元データを外付けHDDに移行させました。

f:id:popo_kara:20180114194032p:plain

実は、以前、itunesデータを外付けHDDに置いて管理したことがあったのですが、itunesの動作が不安定になったので、教科書的な起動ディスク管理に戻した失敗経験があります。

あのときの苦い経験があったのですが、数年ぶりに、再度、itunesデータの外付けHDD管理に挑戦することにしました。

方法は簡単です。詳細は、Apple公式ウェブページ等を確認してください。下記のサポートページが参考になります。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201625

ザッとメモかわりに、itunesデータを外付けHDDに移行する手順を書いておきます。

iTunes ライブラリを統合したのちに、「iTunes」フォルダを外付けHDDに移動して、「option」キー (Mac) または「Shift」キー (Windows) を押した状態で「itunes」を起動して、「iTunes Library.itl」ファイルを選択


移行作業は、簡単です。でも、問題は「動作が安定するか」ですね。以前の僕は、原因不明のエラーで、itunesの動作が不安定になりました。

…今回は大丈夫でした。遅延もなく快適でした。

動作を確認後、SSD(起動ディスク)内のitunesデータを削除しました。

そのうち、かつてのように、itunesの動作が不安定になるリスクがありますが、しばらく様子をみたいです。

itunesデータと同様に、写真appのライブラリも外付けHDDに移行し、動作確認しました。

Lightroomは、動作が不安定なので、カタログをSSD(起動ディスク)に置きました。まあ、Lightroomのカタログデータは、74.7MBと小さいので良いかな。起動ディスクにカタログデータを置いてても、たまに「予期しない理由で終了しました」と出る。原因は不明。再起動すると直るけど、少し嫌だな。

『心が叫びたがってるんだ。』を観た

心が叫びたがってるんだ。』を観た。

ネタバレになるので、物語の核心については、語らない。

冒頭に、裏山にある「西洋のお城を模した建物」に憧れる女子児童が居たが、どう見ても「ラブホ」だ。ギャグ漫画かと思った。

地方に行くと、どうやら「ラブホ」は、人里離れたエリアにあるらしい。「ラブホは車で行く場所にあるものだ」と言っていた友人を思い出した。

たしかに、地方に行くと、車社会だし、車でしか行けないような場所(駅から徒歩30分以上かかる場所)に「ラブホ」は存在する。そして、変テコで奇抜な外観をしている「ラブホ」が多い。

僕は、郊外とか古くて汚い場所が嫌いなので、地方にある奇抜な「ラブホ」に行ったことはないが、一度くらいは行ってみたいなぁ。

この物語は、小学校時代のトラウマが原因で、心に傷がついて、コトバを発することができなくなった少女のストーリー。

この少女、身長が小さいし、身体も細くて、とても弱そう。なのに、感情をストレートに出したりすることがあって、どうも情緒不安定というか、簡単に言えば、メンヘラだ。面倒くさそう。

やはり、幼いころに心に傷がつくと、致命傷になるんだなーと思った。もう治らないと思う。

「割れたガラスは、もう戻んだいんだよ」と、誰かから聞いたフレーズを思い出した。

コトバは、ときに人を傷つけるし、傷は消えない。コトバは、無形のモノであるけど、人の人生、未来を変えることがある。なので、僕は、「コトバ選びには気をつけよう」…そう思いました。

まとめると、

・地方に行くと、車でしか行けないような場所に奇抜な外観のラブホがある
・幼いころに受けた傷は、治らない(治りづらい)
・コトバは、ときに人を傷つけるから、慎重に選ぼう

この3つを再認識しました。

「日常生活以外にも、ワンポイントの負荷をかける」を意識しよう

まず、2つのパターンを考えてみよう。

Aさん:毎日2時間、業務でタイピングをする。

Bさん:毎日2時間、業務でタイピングをして、プラス、毎日10分間、タイピングゲームをやる。

この2人の1年後のタイピング速度は、それなりに差が開くと思う。たった10分のゲーム(ワンポイントの負荷)で、タイピング速度に差が出るのだ。

たった10分の練習で、明らかな差が出るのであれば、「10分の練習は、コストパフォーマンスが高い」と言える思う。

なので、「日常生活以外にも、ワンポイントの負荷をかけて練習する」のは、とても良い習慣だと思う。

ワンポイントの負荷というのは、筋トレでいうところの「過負荷の原理」に近いところがあると思う。筋トレにおける「過負荷の原理」とは、「日常生活を続けていても筋肉を肥大化しないよ。筋肉をつけるなら、日常生活の負荷以上の負荷をかける必要があるよ」ということをあらわした原理。

他にも、「日常生活以外にも、ワンポイントの負荷をかけて練習」する具体例を挙げたいと思う。

たとえば、英語力について。

Cさん:毎日、英文を20分読む。
Dさん:毎日、英文を20分読んで、毎日10語単語を覚える。

たぶん、Cさんは、英文に出現する頻度の高い8000語程度は、認知語彙になりますが、1万語レベルの低頻度な英単語は、認知語彙のレベルまで昇華しません。しかし、Dさんは、ボキャビルをすることで、意図的に頻度の低い単語との遭遇(負荷をかけて練習)することで、認知語彙が1万程度になるでしょう。

まあ、認知語彙が約2000語増えることに、どれだけのメリットを感じるかは人それぞれだけど、僕はコストパフォーマンスが高いと思います。

他にも、もう少し具体例を挙げてみます。

たとえば、さきほども出てきたけど、筋トレについて。

Eくん:肉体労働をする。
Fくん:肉体労働をして、週2回ベンチプレスをやる。

2〜3年後、2人の身体を見比べてみると、明らかに、大胸筋の大きさに差が出ているはずです。

肉体労働だけでも、良い身体にはなるかもしれないけど、プラスで筋トレすると、さらに良い身体になる。

これを聞いて、「筋トレは、コストパフォーマンスが良いな!」と感じるかは、人それぞれだけど、僕は筋トレをやりたいと思う。

わずかな「ワンポイントの負荷」で、差が出るのだから、日頃から、「ワンポイントの負荷」を意識したほうが良いと思う。

日常生活で、触れていても、ある程度の負荷をかけないと、身につかないこともあるんだ。

エクセルのショートカットキーも同じ。

「印刷範囲の設定のショートカットって、どのキーだっけ?」と思うたびに、google検索するのも良いけど、その調子だと、いつまで経っても覚えられない。頻度の高い15個くらいのショートカットは、丸暗記すべき。人によって、何個くらいのショートカットキーを暗記するのが適切かは違うけどね。

ちなみに、エクセルのショートカットは、下記の本の末尾付録が参考になる。この本は、エクセルの作法やフォーマットについて語られている本です。一読をオススメします。

英文法も同じ。

まったく文法問題に触れずに、英文しか読まない人に、『lie(自動詞)とlay(他動詞)の活用は言える?』と聞いても、答えられないかもしれない。こういうのは、文法問題を解くことで、「あ、 “lie” と “lay” って、似ていて紛らわしいな。覚えておこう」と意識する必要がある。

もちろん、重箱の隅をつつくような文法問題集ばかり解いていても、英語力は上がらないけど、最低限の文法事項は、文法問題集を解いたほうが、英語の上達が早いと思う。僕は、「ネクステ」レベルの英文法知識は、文法問題集で練習したほうが良いと思う。まあ、どの程度まで、細かい文法の知識を叩き込むかは、個人の判断に任せれば良いと思うが。

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 桐原書店
  • 発売日: 2014/11/01
  • メディア: 単行本

「日常生活以外にも、ワンポイントの負荷をかけて練習する」ということを意識するだけで、2〜3年後、自分の技術や能力に明らかな差が出ると思います。

さて、「ワンポイントの負荷」って、どんなのがありますか?