ファイル名の表記方法

今日は、年末の大掃除をやった。

パソコンの中に散らばったファイルの整理も少しだけやった。でも、終わらなかった。

僕のパソコンは、カオスだ。

普段から、整理整頓を心がけたい。ファイルが整理されていれば、思考もスッキリとすると思う。

今日は、情報整理ということで、ファイル名の命名方法について、考えてみたい。

結論

まず、結論から書くと、僕は、ファイル名は、下記のような記述で命名している。

「2018-12-30 ファイル名.txt」

そして、自分で分かりやすい表記に統一すれば何でも良い。

では、少しファイル名の命名方法について、長々と書いてみます。

まず、僕は、基本的に、ファイル名の先頭に日付を入れますが、この方式は一般的です。

職場の人がつくったファイル名を観察すると、80%くらいの人は、先頭に日付を入れています。

日付の表記

でも、日付の入れ方は、様々です。

「1230 ファイル名」
「H30.12.30 ファイル名」
「2018/12/30」
「181230_ファイル名」
「2018年12月30日」

まず、「1230」のように4桁表記に関してですが、普段の業務をしていれば、1年なんてアっという間に経過します。なので、「あれ? このファイルは2016年? 2015年? それとも……?」と混乱する恐れがあります。今は良くても、数年後に、混乱を招きます。

なので、西暦も入れるべきでしょう。

次に、和暦の使用についてですが、元号は変わりますし、やはり西暦表記のほうが多数派で、直感的に分かりやすいと思います。

今、僕の机上にある紙資料を見渡すと、役所関係の資料などには、和暦が使われていますね。でも、これらの資料をスキャンするときは、西暦表記にして保存しています。

次に、「2018/12/30」式の表記ですが、環境によっては、ファイル名にスラッシュは使用できないので、控えるべきだと思う。

一般的に、手書きメモの場合は、スラッシュで年月日を区切る人が多いと思いますが、デジタルデータでは、半角ハイフンで区切るのが良いと思います。

次に、年月日の表記順番だけど、アメリカ式のように、「12-30-2018」のような書き方をする人がいるけど、やはり日本式の「2018-12-30」のほうが見やすい。当然、「Dec 12, 2018」も駄目です。

半角スペース問題

あとは、半角スペース問題についても書いておきたい。

僕は、「2018-12-30 ファイル名 命名方法.txt」のように、ファイル名に半角スペースを入れる人間だ。

でも、僕の観察だと、30%くらいの人間は、「ファイル名に半角スペースを入れるのは不適切だ」と考えているようだ。

そいういう人たちは、「2018-12-30_ファイル名_命名方法.txt」のように、アンダースコアを区切記号にしている人が一定数いる。

古い環境だったりすると、半角スペースは、エラーの原因になることがあるみたい。

でも、半角スペースは、「Shift + スペース」と押すだけで入力できるので、便利だ。

アンダースコアは、僕の環境だと、「Shift + _」を押したあとにスペースを押して半角に変換するか、「英数」を押して英数入力に切り替えてから「_」を押して、また日本語入力に戻るために再度「英数」を押す必要がある。なので、アンダースコアは、入力までの手順が多い。少し面倒。塵も積もれば山となる。

よって、僕は、半角スペースを採用した。

半角ハイフン問題

また、半角ハイフンを嫌う人もいる。というのも、半角ハイフンは、似たような文字がいくつかあるからだ。

たとえば、下図のように。「2018-12-30」と「2018‐12‐30」(全角ハイフン)は、見分けがつかない。でも、検索するときは、違う文字として判断されるために、不都合が生じる。

f:id:popo_kara:20181231020135p:plain

なので、半角ハイフンは、禁忌すべき文字だと考えている人がいるみたいだ。

でも、僕は、ずっと半角ハイフンを使ってきたので、いまさら変更するのも手間なので、このまま注意しながら半角ハイフンを使い続けます。

まあ、長々と書いてしまったけど、自分の中で表記を統一させておけば良いと思います。

iMacの起動ディスクを「内蔵HDD→外付けSSD」に変更

最近、iMacの動作が重くなってきたので、OSを再インストールしようか迷っていました。

色々とインターネットで情報を集めていくうちに、「外付けSDDを購入して、そこにOSをインストールすると快適になる」という情報を得ました。

「外付け」というのは、動作が不安定そうですが、iMacを分解して、内蔵SDDを取り付けるよりマシな気がします(分解すると、ガラス画面に埃がついたりするので…)。

そこで、今回は、内蔵SSDではなく、外付けSSDを導入することにしました。容量は256GBにしました。

外付けSSDは、Thunderbolt対応モデルにしました。USB3.0のみ対応モデルだと、購入後に速度的に不満が出たときに、「ああー、やっぱり、Thunderbolt対応モデルにしておけば、もっと速かったのかな?」と後悔するのは嫌だったからです。少し価格は高いですけど、Thunderbolt対応タイプの外付けSSDを購入しておけば、速度的に不満が出たときに、後悔はしません。

まず、外付けSSDにOSを移行する前に、現時点でのiMacのアプリ一覧を記録しておきました。下図です。

f:id:popo_kara:20180115005307p:plain

次に、再度インストールしたいアプリにマーキングをしておいて、このメモをDropboxに保存しました(下図)。

f:id:popo_kara:20180115005359p:plain

次に、Chrome拡張機能を確認しておきました。これもメモしてDropboxに保存。

次に、google日本語入力の辞書をエクスポートしました。

次に、Lightroomのライセンスを解除しました。

次に、Microsoft Officeのライセンスを解除…しようと思ったら、やり方が分かりませんでした(たぶん解除機能ないと思う)。

次に、Thunderbirdのデータをエクスポートしました。

そして、TimeMachineにバックアップを取って、引越し前の準備は終わりです。

次は、最新のOSである「macOS High Sierra」をダウンロードしました。ダウンロード中に「ダウンロード中です」的な表示がなかったので、フリーズしているのか、ダウンロードが進行しているのか分かりませんでした。

macOS High Sierra」は、4.8GBあります。

数時間、iMacを放置して、ダウンロード状況を確認したところ、ダウンロード完了していました。

次に、「macOS High Sierra」を外付けSSDにインストールをしようとしました…が下図のエラー発生。

f:id:popo_kara:20180115005506p:plain

「ディスクユーティリティ」でGUIDパーティションを作成しようと思っても、項目が出てこない。

インターネットで検索しても、ヒットせず。

仕方なく、MacBook Airに外付けSSDを接続して、MacBook Airの「ディスクユーティリティ」を開いたところ、GUIDパーティション作成の画面が出てきました。

もう一度、iMacに戻って、「ディスクユーティリティ」を開きましたが、やはりGUIDパーティション作成の画面は出てきません。どうすれば良いのか分かりません。原因不明です。なぜか、iMacでは、GUIDパーティション作成できませんでした。

仕方ないので、再度、外付けSSDMacBook Airに接続して、「ディスクユーティリティ」を使って、GUIDパーティション作成しました。

次に、外付けSSDiMacに再接続して、「macOS High Sierra」を外付けSSDにインストールしてみました。

ここでも問題が発生。インストール進行中に、再起動に移行する直前でエラーが発生。

f:id:popo_kara:20180115005535p:plain

何度やっても、再起動に移行する直前でエラーが発生。

インターネットで調べてみると、「時刻設定が怪しいかも」ということなので、ターミナルで時刻を確認しましたが、異常なし。

次に、試しに、ポータブル外付けHDDに「macOS High Sierra」をインストールしてみました。

すると、やはり、インストール進行中に、再起動に移行する直前のところで、同様のエラーが発生。

となると、ダウンロードした「macOS High Sierra」に原因がある可能性があります。

試しに、「macOS High Sierra」を削除して、もう一度、「macOS High Sierra」をダウンロード。

あれ…? 今回は、ちゃんと「ダウンロード中」&「残時間」が表示されている。

f:id:popo_kara:20180115005614p:plain

数時間後に、ダウンロード完了し、再挑戦。たぶん、今回もエラーが出るだろうなと思いながら、再び、外付けSSDに「macOS High Sierra」をインストール。

…あれ? 今回は、スムーズにインストールが完了した。なぜ?

動作確認して問題はなさそう。

試しに、iMacの起動時間(電源を入れてから、ユーザー選択画面表示まで)を計測してみた。およそ、50秒くらい。思ったよりも遅いな。

内蔵HDDの起動時間は、たしか1分だったと思うので、あまり変わらない。

でも、アプリの起動時間は、劇的に早くなった。

内蔵HDDの場合、起動直後に、Chromeを開こうとしても、ずーーとレインボーカーソルがグルグル回っていて、Chromeが起動するまで、3分くらいかかっていた。でも、起動ディスクを外付けSSDに変更してからは、Chromeの起動時間が約5秒になった!

OSをクリーンインストールしたのも要因の1つかもしれないけど、外付けSSDは爆速です。

次に、アプリのインストールをした。

App Store」から再ダウンロードできるアプリは簡単に再ダウンロードが完了しました。

次に、「App Store」以外のアプリをダウンロード。

基本的に、僕は、Amazonでソフトを購入しているので、Amazonの「アカウントサービス > ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」に移動して、ここから再ダウンロードしました。

しかし、ここでも問題発生。ダウンロードが完了したけど、いざインストールしようとすると、「インストール中…」状態で進まない。数時間放置しても、インストールが進行しない。なので諦めました。

やはり、「App Store」のアプリが手軽なので、一番良い。

次に、Adobeのサイトから「Lightroom 6」をダウンロード。こちらは、無事、ダウンロードとインストールが完了。

でも、アプリ起動時に「予期しない理由で終了しました」で起動しないことがある。このエラーが出ると、何度やっても駄目。iMacを再起動すると、復旧する。

今でも、たまに「Lightroom 6」を起動させようとすると、「予期しない理由で終了しました」で強制終了してしまう。原因不明だけど、まあアプリの起動時間は早くなったし、満足です。

以上です。

今回、起動ディスクを外付けSSDに変更するのに、それなにの時間と労力を消費しましたが、たまには、Macと格闘するのも良いと思います。良い経験になりました。

NASを導入してみた --その1

僕は、クラウドストレージとして、Dropbox(無料版)を使っています。

とても便利で、色々なデータを投げ込んでいるのですが、無料版なので2GBしか容量がありません。今、半分の1GBを使用しています。

将来的には、容量が一杯になりそうです。

容量が一杯になったときは、有料版(1TB 年間1万2000円)に移行するのもありだと思います。

ですが、クラウドストレージの「Dropbox」をやめて、NASの「Synology」に移行しようと考えました。

今までは、NASは、「動作が不安定で、重い。そして、一度、壊れると復旧は困難」というイメージがあって、敬遠していました。

ですが、「食わず嫌いは良くない。一度くらい、実際に使ってみよう」と思ってNASを購入しました。Synology社の「DS218j」を購入しました。HDDは3TB×2枚を別途購入。合計で、約3万8000円。  

(あ、やっぱり、Dropboxの有料版のほうが良かったかも…)

さて、NASを買ったは良いものの、どのように運用しようか、まだ決めていません。

とりあえず、ミラーリングの「RAID 1」に相当と思われるデフォルト「Synology Hybrid RAIDSHR)」で運用することにしました。

そして、Dropboxのように、適当にデータファイルを投げ込んで使用しようと思ったのですが、特定のフォルダ内に新規のファイルが作成できません。

たとえば、僕のNASの深い階層に、「ガス料金」というフォルダがあるのですが、そのフォルダに書き込みができません。

「エラーコード43」という書き込みエラーが発生します(下図)。

f:id:popo_kara:20180114230916p:plain

であれば、一度、「ガス料金」というフォルダごと削除しようと思ったのですが、また「エラーコード43」が発生。

(このような不具合が出る可能性があるので、NASは敬遠していたんです…。NASは、僕には難しかった…)

仕方ないので、「ガス料金」の上の階層ごとフォルダを削除…これも失敗。削除できない。なので、放置して、新たにファイルを作成しました。

原因は何だったのか不明のままですが、エラーが出たら、フォルダごと削除して、新規に作成すると良さそうです。